四国~山陽~山陰 2017 winter Part2

Pocket

 早朝に高松について、現在は三次のホテルでのんびりしています。今日はだいぶ移動しましたし、動きました(特に琴平で)。

 朝、高松についてすぐに琴電琴平線に乗りました。もっとゆっくりしたいところでしたが、あまり遅くならないうちに三次に到着するためには致し方なしといった所です。琴平の前に一宮駅から田村神社を訪れました。田村神社は讃岐国の一宮で現在は別表神社になっています。至って普通の街中にある神社でしたが、神社自体はいろいろなものがあって、ここまで色々ある神社はないのではないかなと感じました。この神社は龍神伝説が言い伝えられている神社であり、境内には龍の置物がありました。ご祭神は倭迹迹日百襲姫命、五十狭芹彦命(吉備津彦命)猿田彦大神、天隠山命 (高倉下命)、天五田根命 (天村雲命)の五柱をして田村大神としています。他の神社と比べて色々おもしろいものがあったので、一見の価値はあると思いました。

 さて、今日のメインイベントは金刀比羅宮です。海の神様ということで海好きな私が一度は訪れてみたかった神社の一つです。さてこの金刀比羅宮ですが、とにかくきつかった。本殿までの階段が凄まじく、日頃の運動不足がたたって、ついたときにはヘロヘロでした。ただ苦労して登っただけあって、そこからの景色は綺麗でした。本殿も荘厳な佇まいでした。他にも色々見どころがありましたし、金毘羅信仰にまつわる場所も色々あったので、ぜひとも一度は訪れてほしい場所です。

 さて本殿から下りてきたところでちょうどお昼どきでした。せっかく香川に来たのでうどんだろうということで参道にあったうどん屋さんでお昼をいただきました。しょうゆうどんという醤油をかけて食べるうどんでしたがとても美味しかったです。さて、ここからはいかに三次に向かうかでした。本当は芸備線の新見備後落合間を乗りつぶしてしまいたかったのですが時間が合わず、(というかあれは一日に三本しかないので多分狙わなければ無理でしょう)結局特急で岡山に出た後、伯備線で総社にでて井原電鉄井原線で神辺へ、そしてそこからな福塩線で終点の三次まで出ました。道中の景色は普段見ることのないのどかな風景で心がやすらぎました。福塩線は正直、こんなところを走るのかという所を走っていたので今日はとてもいい経験ができたと思います。

 さて、明日は早朝に起きて三江線に乗った後、出雲で出雲大社と日御碕神社にお参りをし、新横浜に帰るというスケジュールです。時間には余裕を持って行動していくことにしたいと思っています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です