四国~山陽~山陰 2017 winter Part1

Pocket

人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためであるゲーテ

ということで有給をもらって旅に出ることにしました。体調不良兼サボりで2日だけ有給を使っていましたが、計画的には一回も使っていなかったのでボーナスも出たことですし旅に出ることにしました。ということで執筆時は14日の夜11時です。

今回の旅はサンライズ瀬戸で高松まで行き、金毘羅宮にお参りするのが第一のミッション。第二のミッションは来年の三月で廃線が決まっている三江線を制覇すること。太さんのミッションは島根県出雲市にある須佐神社にお参りすることです。全て順調に行けば土曜日の夜には新横浜に戻ってくる弾丸トラベルです。

今回、この旅行スケジュールに決めた理由は、兎にも角にも三江線に乗ることでした。やはりなくなる前に一度は乗ってみたかったのでこれをメインに目的をリストアップして行くと、出雲は春にも行ったのですが出雲大社と日御碕神社では御朱印を貰えていないので年内にリベンジに向かいます。金毘羅宮に関しては、海が好きですし、ぜひとも行ってみたい神社です。

二日間ですべて回るのであれば有給は必要ないのですが、一日も家で休むことなく一週間働くのは無理だと判断して日曜日を回復日に当てるためにお休みをもらいました。また、基本的には引きこもっているのが好きなので国内旅行は2泊3日までと決めています。

さて、今日はとりあえず仕事を片付けて現在、サンライズ瀬戸の中でこの文章を書いているのですが、まずこの切符をいかにして取るかが問題でした。現在、定期的に走っている寝台列車はもうサンライズ出雲・瀬戸だけですのでそれなりに人気があるのです。日付によっては発売開始日の10時にみどりの窓口に行かないとチケットが取れないようになっています。今回は発売日の朝7時頃にみどりの窓口に行き、事前に切符を取ってもらえるようにしました。多分普通の会社員にとってはこれが一番取りやすいと思います。

さて、社内ですが今回私はシングルでの旅です。あまりプライバシーがない空間は無理なので多少お金が張っても個室を取ります。ホテルとかもプライバシーがないとやってられないので旅行にそれなりにお金がかかってしますのが今の悩みの一つでもあります。それはさておき、シングルの個室内は以外と広々としていますし、室内着も用意されているので意外と快適です。ただ場所によってはちょっと揺れることもあるのでそこが少し気にはなります。

もうそろそろ列車が熱海につく時刻になってきたのでそろそろ休むことにします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です