NFL2017 WEEK7 ATL@NE

Pocket

昨シーズンのスーパボウルの再戦となったサンデーナイトのこの一戦。ペイトリオッツからするとこれまでの復調が本物かどうかが試される一戦でした。結果は23-7で勝利しました。相手の無謀な4thダウンギャンブルやレッドゾーンでのお粗末なオフェンスに助けられた面もあるかもしれませんがペイトリオッツの強さも本物になりつつあると思います。

オフェンス

ランオフェンスが素晴らしかったです。バークヘッドも帰ってきています。ルイスのランがよく出ていましたし、ホワイトはパス攻撃の際にRBとして入ってキャッチすることが多かったです。課題としてはギリスリーで確実にショートヤードを取れるようになるといいと思います。パスオフェンスは相変わらず問題はないでしょう。INT未遂が一つありましたが、それ以外は概ね問題がなかったように思えます。OLはパスプロは相手にやられる部分がありましたが改善できていると思います。ランブロックはこの試合ではほぼ完璧だったと言っても差し支えないと思います。

ディフェンス

昨年の最強オフェンスに少し陰りが見えているとはいえ、タレント揃いのファルコンズオフェンス相手によくやっていたと思います。特にランディフェンスが素晴らしかったと思います。コールマンとフリーマンの二人で100yds以下は立派な数字でしょう。反面ライアンへのプレッシャーはいまいちでしたが、今日はとにかくランを止めるという意識だったのかもしれません。問題だったDB陣も改善が見られています。パスカバーが非常によくライアンに簡単にパスを通させませんでした。ロウとギルモアが欠場中ですが帰ってきてからもこの調子で行ってほしいです。ファルコンズのオフェンスの拙さがあったとはいえよくやってくれました。最後のTDは4Qに入ってからのTDで時間も使わせつつ、コントロールできていたので問題ないでしょう。

スペシャルチーム

この試合の流れを変えたプレーの一つは間違いなくFGブロックでしょう。あれが大きかったです。また、その後にもFG時にプレッシャーをかけて一本失敗させていますし素晴らしい活躍でした。こちらのFGは問題なく決めていましたし、リターンチーム、カバーチームもいつもどおり安定していました。このまま大きなミスなく行ってほしいです。

 

なかなかいい調子になってきたところで、ハイタワーがシーズン絶望のニュースが流れてきました。ディフェンスの中心選手だけに改善されてきたディフェンスへの影響が心配です。またアメンドーラも怪我で練習を休むなど不安があります。次節はホームでのチャージャース戦です。徐々に調子を上げてきているとは言え、落とせない試合です。頑張ってもらいましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です