NFL2017 WEEK5 NE@TB

Pocket

 Week5、ペイトリオッツはアウェーでのバッカニアーズ戦でした。ベリチックはアウェーでのバッカニアーズ戦で勝利したことがないとか、グロンクが欠場だとか不穏な空気が充満していましたが19-14で辛勝しました。

主な欠場はロウとグロンク、バークヘッドなどです。

オフェンス

得点はそれほどでもありませんでしたがランオフェンスは多少増しになった印象です。出るときはランがきちんと出ていました。しかし、ショートヤードを確実にランで取れるとよりよくなるでしょう。パスオフェンスはグロンコウスキーがいなかったのがやはり痛かったです。WRはいいのですが今日はTEがターゲットになったパスがほとんどありませんでした。グロンコウスキーの離脱が長くなければいいのですが。OLがもうちょっと改善されるといいのかなと思います。今日はとにもかくにも反則の多さが痛かったです。あと4Qの最後の攻撃で一回でも1stダウンを更新できてればはらはらする必要がありませんでした。ターゲットで一番目立っていたのはアメンドーラかな?ホーガンとクックスもいい感じでした。あとはD#が強いところとあたったときにどうなるかが見ものです。

ディフェンス

相変わらずは守備がよろしくないですが多少はましなったのか、相手が自滅していたのかはわかりませんでしたが、今日は得点はあまり許しませんでした。ウィンストンのパスもいまいちでしたし、WR陣のドロップにも助けられました。課題としてはランディフェンスがよろしくないのと、カバレッジミスが目立ちます。相手QBにもうちょっとプレッシャーをかけられると良いかもしれません。また一回やられだすと一気にTDまで行かれるのはどうにかしたほうが良いかもしれません。4Qの最後のディフェンスもあそこまで進まれるのはいただけません。一番大きかったのは相手キッカー、フォークの不調です。彼が普通にゴールを決めていたら負けていました。

スペシャルチーム

安定しています。リターンされても許容範囲内には収めてくれます。ゴストコウスキーが普通にキックを決めてくれているのもありがたいです。ここに関しては普通に仕事をこなしてくれれば十分で、それ以上のスーパープレーはもう獣程度に考えるのが良いかもしれません。

とにかく両チームとも反則が多く、双方自滅に向かっていっているようなゲームでした。ただ、あまりチーム状況が良いとはいえない今、Just win , Baby!という気持ちも大切かもしれません。次週は@Jetsです。今週がサーズデイゲームだったので時間が空きます。この時間を利用して更なる修正を行ってもらいたいものです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です