NFL2017 WEEK5 BOL@OAK

Pocket

両チームとも流れが良くない中での対戦。復調のきっかけをつかみたいチーム同士の対戦で勝利したのはレイブンズでした。レイダースは17-30で敗れなかなか勝利が遠い状況です。

主な欠場はQBのカーとCBのアマーソンあたりですかね。

オフェンス

E.J.マニュエルは控えとしては十分な働きをしたといえるでしょう。ランオフェンスも久しぶりに機能していました。気がかりなのはWRクーパーのドロップが多いこと、そして一度流れが悪くなるとそれを元に戻せないことでしょう。この試合で言えばクックのファンブルからのリターンTDがひとつ大きなターニングポイントでした。一方で先週欠場だったクラブツリーが復帰して、早々に元気な姿を見せてくれました。チーム全体としてオフェンスをいかに組み立てるのか、特に流れが悪いときにどうするのかがスーパーボウルへの課題といえそうです。

ディフェンス

相変わらずDBが脆弱でフラッコに好きなようにやられていました。アマーソンの欠場もなんだかんだで痛かった気がします。頼みのDLも機能せず、ランを止められませんでした。サックもわずかに一と全体的にディフェンスは苦しんでいました。とにかくDBをどうにかするのが最優先の課題でしょう。

スペシャルチーム

Kのタベッキオがすばらしいですね。パーフェクト継続中です。それ以外は可もなく不可もなくでしょうか。あまり良くない状況だからこそ、スペシャルチームにスーパープレイが出るときっかけになると思うのですが・・・。そう上手くはいきませんね。

 

とにかく、これまでの課題がぜんぜん修正できていないことが露呈しました。もうWEEK5なので、いい加減どうにかしないとまずいですね。次節はLAC@OAKです。相手が相手だけに勝たなければならない試合でしょう。(LACとみるとクリッパーズの方が頭に浮かんでしまう。)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です