NFL2017 WEEK4 OAK@DEN

Pocket

レイダースはアウェーで同地区のライバルブロンコス戦でしたが、厳しい結果でした。

結果は10-16で敗戦。Dは比較的がんばっていましたがクラブツリー不在でかつ途中からはカーもいなくなるなどオフェンスが機能しませんでした。

オフェンス

クラブツリーがチェストの怪我でinactiveでした。この試合はカーの出来がいまいちな印象でした。前節のライン崩壊からラインはある程度持ち直していたので彼がいまいちパスを投げ切れていなかった印象です。彼の退場後のマニュエルは控えとしてやるべきことは出来ていました。ただレシーバー陣にドロップが多かったのは気になります。この試合で明確に足をひっぱていたのはランオフェンスでした、ランがまったくと言っていいほど出ていませんでした。これはあいてのDが単純に強いのもあるのでそこを差し引く必要がありますが、もうちょっと工夫してみても良いかもしれません。

ディフェンス

そこまで悪くはない印象でした。主力のDBが相次いで退場しましたがパスディフェンスは何とか持ちこたえていました。カリル・マックのサックも何回かありましたし、十分にプレッシャーはかけられていました。ランディフェンスはアンダーソンに走られはしましたがそこまで悪くはないでしょう。少なくともペイトリオッツの現状よりはだいぶましです。少し気になったのはDBのラン時のカバーに課題があるかもしれません。ただ、アマーソンの脳震盪の離脱は少し気になります。

スペシャル

フェイクパントの失敗が目立ちましたがそれ以外は問題ないでしょう。というよりもなぜあのタイミングでフェイクパントをしたのかが気になります。

 

試合後にカーの数週間の離脱が決まってしまいました。かなり痛いです。ただ今日のマニュエルのプレーを見ていると何とかなりそうな気がします。次節はホームでレイブンズ戦です。レイブンズはここ二試合あまりよくないのでレイブンズとレイダースのどちらが復調のきっかけをつかむのかが見所です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です