NFL2017 WEEK10 NE@DEN

Pocket

BYE WEEK明けの第十週は敵地マイルハイでのサンデーナイトでデンバー戦でした。個人的にマイルハイでのデンバー戦はあまりいいイメージがなかったのですが、一週休んでも好調をPatsが不調のブロンコスを41−16で下しました。

 オフェンス

デンバーの強力デフィフェンスに陰りが見えている中でオフェンスは相変わらず好調を維持しています。WR、TE、RBにまんべんなくパスを通しつつ、ランもよく出ていました。ホーガンとギリスリーが怪我で欠場しましたが、彼らが休んでも非常に良いオフェンスでした。WRドーセットがホーガンの代わりで出場していましたが良かったと思います。ランもバークヘッドやルイスを中心によく出ていました。ホワイトはレシービングRBとしてよく入っている印象です。ラインも非常に安定しており、ボン・ミラーがほとんど目立たない珍しい試合でした。また、つい最近GBからリリースされたTEベネットがいきなり出場して、それなりに活躍していました。彼の言動から少し人間性に疑念はありますが、とりあえず活躍してくれれば良しとしましょう。グロンコウスキーの負担が減ればいいと思います。

 ディフェンス

非常に良かったと思います。相手にヤードを許してもTDは許さず、TDは許しても時間を使わせてのTDでした。昨年のしなやかなディフェンスが帰ってきたと言っていいでしょう。ランディフェンスはフロント7でよく止めていましたし、パスも一部を除いてはよく止めていました。パスラッシュも十分プレッシャーをかけられていました。相手がオズワイラーでしたが他のチーム相手にも十分にやれるディフェンスになったと思います。しいて懸念点を上げるとすればサンダースに完全にやられていたバトラーでしょう。もうちょっと頑張れ。

 スペシャルチーム

リーグ最強のスペシャルチームと行っても過言ではないと思います。相手のSTの拙さもありましたが、特にカバーチームがいいと思います。他のチームではキックをオフを奥に蹴ってリターンさせないチームも多いですが、ペイトリオッツは浅めに滞空時間の長いキックを蹴って、25ydsラインの手前で止める選択をよく取っています。カバーチームがいいからこそなせる技でしょう。また、今日はルイスがキックオフリターンも決めましたし、見てて気持ちのいい試合でした。ゴストコウスキーは確実に身近ヤードを決めていましたし、今後もこの調子で行ってほしいです。

次節はメキシコでレイダース戦です。冷静に考えるとペイトリオッツが有利ですがどうなるでしょうか。楽しみです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です