NFL 2017-18 PLAYOFF

Pocket

年が明けましたということで、本年もよろしくお願いします。

さて、日本時間で年明け後すぐにNFLの最終節が行われ、プレーオフに進出するチームおよびその対戦カードが決まりました。今年はパッカーズやシーホークス、レイブンズ、ブロンコスなど近年POの常連だったチームが勝ち残れておらず、ジャガースやタイタンズ、ラムズなど時間をかけてチームを作ってきたところがようやくPOにこぎつけました。

AFC

第一シードのNEと第二シードのPITはもう語ることはないでしょう。いつもどおりです。第三シードはJAXです。AFCの南はここ数年はINDとTEXがとっていたのですが今年はJAXとTENの争いとなりJAXが地区優勝でTENがワイルドカードの第五シードになりました。JAXは四地区制になってから初の地区優勝です。またPO自体も2007年以来なので久しぶりの出場です。今シーズンはQBボートルスを中心としたチームがようやく実になったというところでしょう。第四シードはKCです。シーズンの中盤から終盤にかけて調子を崩しましたが何とか立て直しました。POはRBハントの出来次第でしょう。第五シードはTENです。こちらはマリオタを中心としたチームで数シーズンにわたりチームを作ってきました。昨シーズンはテキサンズと地区優勝を争いましたが一歩POには届きませんでした。マリオタがどこまでいけるのかに期待です。そして第六シードはBUFがついにPOの舞台に返り咲きました。昔は強いチームでしたが今回の出場は17年振りです。アメリカの4大スポーツの中で最もPOから離れていたチームという不名誉な称号をようやく返上しました。(現在はMLBのSEAがもっともPOから離れているチーム)ただ今回の出場はBALが最終節で自滅したために転がり込んできたものであり、その上、唯一の頼みともいえるRBマッコイが怪我と戦力的には厳しいものがあります。

ワイルドカードの対戦カードはBUF@JAXとTEN@KCです。前者はマッコイの不在がBUFにとって大きいと思うのでJAXかなと思います。ただ最終戦のボートルスの出来がひどかったのもあるのでわからない戦いです。後者はマリオタに期待したいのでTENかなと思います。とにかくハントのランを止めればある程度KCはとまるのではないかと思います。

NFC

第一シードはQBウェンツが大活躍したPHIです。しかし、そのウェンツが怪我でシーズンエンドという残念な事態になりました。ほかのポジションにもタレントはいますが、勝ち抜けるかは微妙と言わざるを得ません。第二シードはMINです。まさかの伏兵フォールズが大活躍しての第二シードです。ディフェンスが強いチームなのでここが一番のSB有力チームではないかと踏んでいます。第三シードはLA移転してわずか二年目のLARです。こちらはQBゴフを中心としたオフェンスのチームです。本拠地移転が功を奏したのでしょうか。第四シードはNOですNFCのSouthは三チームがPOに出てくる激戦区だったのでシード順位が下がったのもその影響があると思います。オフェンスはQBブリーズとRBイングラム、カマラの三人が中心です。自分の当初の予想よりもディフェンスが良かったのが地区優勝の要因でしょう。第五シードはCARです。ここはなんといってもQBニュートンのチームです。WRベンジャミンを放出しましたが第五シードでPOを勝ち取りました。昨シーズンのNFCチャンピオンATLは第六シードとなりました。昨年ほどの破壊力はないけれどもオフェンスの強いチームです。

ワイルドカードの対戦カードはCAR@NOとATL@LARです。前者はNOだと思います。シーズンの対戦を見てもNOのほうが強い印象があるので。ただニュートンの活躍しだいな部分もあると思います。後者はLARかなと思います。シャナハンが抜けた影響か、ATLのオフェンスがいまいちなのと、ラムズのほうがディフェンスでは分があるのではないかというところでLARを押します。

今シーズンも残りわずかとなりましたが、最後まで面白い戦いを期待したいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です