NBA 2017-2018 前半

Pocket

 オリンピックは本日で終わりを迎え、スーパーラグビーが本格的に開幕しました。アメリカでは徐々にNBAが佳境に向かいつつあります。トレードデッドライン間際にはキャブスを中心に大型トレードが起こりました。オールスターも終わり、後半戦が始まったので少し振り返ろうかなと思います。
 イーストは戦前の予想とは異なりキャブスが予想外に苦戦しています。調子が良いのはセルティックスとラプターズですね。セルティックスはアービング中心に予想通り強いです。ここにヘイワードが帰ってきてくれればウォーリアーズも倒せる可能性があると思います。ラプターズはデローザンが絶好調です。昨シーズンと同様にプレーオフは固いと思いますがそこから上積みがないとファイナルは厳しいと思います。キャブスは前半戦はディフェンスに苦戦しました。そのためアイザイア・トーマスを放出してチームを刷新しました。レブロンが健在なだけにその周りがどのように動くかがキーになってくると思います。その他、現在プレーオフ圏内はウィザーズ、ペイサーズ、バックス、76ers、ヒートです。現在イーストで勝ち越しているのは前述のチームのみです。76ers、バックスあたりは若いチームで今後に期待です。逆にネッツ、ホークス、マジックあたりは完全に再建モードに入りました。
 ウェストはロケッツとウォーリアーズが抜けており、その下にスパーズ、ウルヴズ、ブレイザーズあたりがついていっています。最初のにチームは文句なしに強いです。スパーズは今シーズンはけが人続出でレナードも本格復帰がまだとエンジンがかかりません。ウルヴズ長年の再建が実りつつありますナゲッツ、サンダー、ペリカンズ、クリッパーズ、ジャズあたりも勝ち越していますので今年もプレーオフ争いは厳しそうです。グリズリーズ、キングス、サンズあたりは再建モードでしょうか。ノビツキーのいるマブスもおとなしく再建モード入りでしょう。

 順当に行けば今シーズンはウォーリアーズとロケッツのウェストを制覇したチームがファイナルを勝ちそうですが個人的にはウルヴズ、76ers、バックスあたりが頑張ってくれると面白くなってくると思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です