EVERTON FC Premier League 17-18 Week5

Pocket

F1のシンガポールグランプリはハプニングが続出でしたね。フェラーリが全滅し、セーフティーカーが何回も出動する羽目になりました。一方日本でも天気が大荒れで、風と雨の音がすごい中このエントリを書いています。

アウェーでのマンU戦結果はお察しでした。ミッドウィークのEL第一節でもアウェーではありましたがアタランタに3-0で完敗しています。

フォーメーションは3-4-3に近い形でした。

GKはピックフォード、最終ラインはキーン、ウィリアムズ、ジャギエルカ。右にマルティナ、左ベインズ。真ん中にシュナイデルランとゲイェ。セカンドトップ気味にシグルズソンとデイビス。トップにルーニーでした。

内容的には前節よりは多少ましといったところでしょうか。一点目は前節と同様事故みたいなものと考えることが出来ました。あれはバレンシアがすごすぎました。(久しぶりにバレンシアの強烈なシュートを見た気がします。)そこからはしばらく硬直状態に入ります。相変わらず最終ライン近辺でミスが相次ぎますが何とか持ちこたえている印象。

攻撃面では相変わらず裏への動きが乏しくうまくいきません。後半に入っても状況は変わりませんでしたが、二点目をとられるとそこからさらに二失点して最終的には4-0で敗戦しました。

ルーニー、シグルズソン、デイビスの前線だとやはり裏への動きが乏しくなる印象です。ミララスなり、カルバート=ルーウィンなりを入れて前線を活性化させたほうがいい気がします。3バックに関してもWBの二人が高い位置を取れているわけでもなく特に効果を感じません。

次はミッドウィークにリーグ杯のホームでのサンダーランド戦をはさんでホームでボーンマスを迎え撃ちます。ここまでは相手が相手だったので負けても仕方ない部分がありましたが、これからはそうもいきません。改善が見られないようだとクーマンの首も危うくなりそうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です