EVERTON FC Premier League 17-18 Week16

Pocket

マージサイドダービー!

今季初のマージサイドダービーはアンフィールドでの試合でした。この試合の前に両チームともヨーロッパでの試合がありました。トフィーズはアポロンとのアウェイ戦でした。この試合はルックマンの2得点などで3-0で快勝しました。若手を育てつつもとりあえずは残留してほしい所です。

正直、この試合にあまり期待しておらず、試合が壊れなければいいなぁ・・・というのと戦う姿勢さえ見えればいいと思っていましたが結果は1−1で勝点1を持って帰れました。正直ラッキーな面もありましたが、結果が全てです。

フォーメーションは最初は4-4-2に近い形でした。

GK 1 ジョーダン・ピックフォード
DF 5 アシュリー・ウィリアムズ
15 クコ・マルティナ
30 メイソン・ホルゲイト
43 ジョンジョー・ケニー
MF 17 イドリッサ・ゲイェ
18 ギルフィ・シグルズソン
26 トム・デイビス
10 ウェイン・ルーニー
FW 29 ドミニク・キャルバート・ルーウィン
19 オウマル・ニアッセ

 

交代は後半の頭に、ニアッセ→レノン、デイビス→シュナイデルラン。後半の終わりにルーニー→ジャギエルカでした。

試合は基本的に攻められ続けましたがなんとか耐えしのぐ形でした。ディフェンス陣は崩されながらもなんとか持ちこたえた形でしょう。ホルゲイトが頑張っているのは嬉しい限りです。デイビスの出来がイマイチな気もしましたが長い目で見てやりたいものです。ただ、現地で見せられたファンはたまったものではなかったでしょう。とにかく攻めの形は一切できず、攻撃らしい攻撃もありませんでした。数少ない出来の良かった選手であるルーニーからルーウィンのパスをロブレンが不要にファウルしてくれたおかげで得たPKでなんとか同点、後はなんとか守りきった(レッズが決めきれなかった)試合でした。

今シーズンは強豪相手にはある程度こういう形になるでしょう。アラダイスになった時点で諦めなければならない部分でしょう。問題はいつまでもこのサッカーを続けていては上を目指せないということです。アラダイスの契約は確か2年半ですが切れるなら早めに切りたい所です。

次節は水曜にアウェイでマグパイス戦です。この冬の連戦でどこまで勝点を積み上げられるかが今後重要になってくるのでアウェイですが頑張って欲しいです。あとボラシィがそろそろ帰ってこられるかもしれないので期待して待っていたいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です