EVERTON FC Premier League 17-18 Week1

Pocket

ついにプレミアリーグが開幕しました。

我らがトフィーズはストーク・シティをホームに迎えました。

フォーメーションは3-4-2-1

GKは新加入のピックフォード。センターバックは右からキーン、ウィリアムズ、ジャギエルカ。ウィングバックの右がカルバート・ルーウィン、左がベインズ。セントラルにゲイェとシュナイデルラン。シャドーにルーニーとクラーセンでトップがサンドロ。

前半はストレスのたまる展開でした。ストークのプレッシャーをもろに受けてビルドアップができず前線にボールが供給できてませんでした。

しかし、前半の終了間際にルーニーが頭で決めて先制しました。

ストレスのたまる前半でしたがこのゴールだけはうまく崩せていました。カルバート・ルーウィンをウィングバックで起用していましたがあまりはまっていませんでした。早速コールマンが恋しくなってきました。

後半は頭からウィリアムズを下げてまるてぃなを入れを4バックにしました。前半とは打って変わって試合をうまく運んでいましたがなかなか追加点を奪うことはできませんでした。途中危ないシーンもありましたがピックフォードがいい仕事をしていました。また後半に入ってからはカルバート・ルーウィンもいい動きでいくつかの場面でゴールを脅かしました。試合はこのまま1-0で勝利しました。

リーグ初戦であり、オフに選手の出入りもあったので不安もあったのですがひとまずは安心です。クラーセンやサンドロに関してはこれからの活躍に期待したい。

まだ移籍市場は開いており、バークリーなどの去就も不透明なままです。更なる選手の移動に関して注視したいです。

ほかのゲームではリヴァプールが引き分け、チェルシーが黒星スタートであったがマンチェスターの2チームやアーセナル、トッテナムなどは銃運長名スタートを切りました。今シーズンもヨーロッパへの切符をかけた激しい戦いが始まります。

次はELのプレーオフを戦った後にマンチェスター・シティとの一番です。ELはホームでの開催なのでいい戦いで第二戦につなげたいところ。シティとの一戦は勝ちとはいかないまでも何とか引き分けで切り抜けたいところです。プレミアの序盤に強豪との試合が続く厳しい日程ですがうまいこと切り抜けていて欲しいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です