EVERTON 2018/4

Pocket

 特に上位争いも残留争いも関係ない我らがトフィーズ。4月の初戦はマージーサイドダービーを無難に終わらせました。二戦目のスワンズ戦で多くの人が失望したと思いますが、残留争いを繰り広げるスワンズ相手にひいて戦うという弱者の戦いを展開。そのうえ1-1のドローという何とも言えない試合でした。その後の二試合は勝利したものの相手はニューカッスルとハダーズフィールドなので選手のクオリティからするとアラダイスの手腕には疑問が残ります。
 さて今シーズンはほぼ消化試合のなので来期について語ると、アラダイスは来期も続投する気満々です。モシリとの会談でも特に何も言われなかったと語っており続投の線も残っています。事実、今シーズンはトップハーフで終えることが出来そうですし、彼のおかげで一定の安定はもたらされました。難しいことをやる監督ではないので今の選手であれば来期もトップハーフは狙えると思います。しかし、エヴァートンが目指すのはヨーロッパでの戦いやその先にあるタイトルなわけでその点を考慮するとどう考えても力不足感は否めません。加えてその人柄やその戦術に対してもファンからの風当たりはきつい状況です。
 個人的にはフォンセカなど可能性のあるより良い選択肢があるのならそちらに行くべきと感じます。ただアーセナルがヴェンゲルを解任した余波でそっちが決まるまでは交渉が進まない可能性もあるのでもう1シーズン我慢する選択肢もなくはないかなとも思っています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です