2018NFL WEEK16 DEN@OAK

Pocket

 現在のホーム、オークランドコロシアムでおそらく最後になると思われるゲームはMonday Night Gameで同地区のデンバーを迎え撃ちます。オークランドコロシアムはアスレチックスと共用のためシーズン前半は芝と土が入り混じってあまり良くないので致し方なしといったところでしょうか。2019年まではオークランドがホームですがスタジアムの契約がないのでサンフランシスコのAT&Tパークを使うとの噂があります。オークランドという土地と非常にマッチしたチームだっただけに徐々にオークランドから離れていくのは一抹の寂しさを覚えます。

 さて、肝心の試合の方は27-14で快勝でした。ドラフト一位をもらったカウボーイズもベアーズもPO争いをしているので、この勝利はドラフトの視点から考えると微妙ですがオークランドの人たちには良いクリスマスプレゼントになったんではないでしょうか。

 オフェンスは序盤は相手のディフェンスに苦しみほとんど1stダウンを更新できずでした。特にパスオフェンスに関しては獲得ヤードが200ydsを超えず物足りない結果でした。しかし、要所でネルソンに良いパスが通っておりレッドゾーンに入ったときに確実に得点を重ねることができたのは良かったです。ランオフェンスはダグ。マーティンがエースの活躍です。21回107ydsは素晴らしい結果だと思います。前半はパス中心でしたが後半からマーティンのラン中心に良い攻撃になったと思います。

 ディフェンスはいい感じにキーナムにプレッシャーをかけられていたと思います。キーナムは崩れてからのプレーはそこまででもないのでそこを上手く潰せました。ランディフェンスも相手のルーキーながらプロボウルに選ばれたリンジーをほぼ完全に止められたのも大きいでしょう。あと、INT二つ取れたのも良かったと思います。来シーズンにつながる形ができているのではないでしょうか。とにかくDFが粘っていたからこそオフェンスがなんとか点を取れたのではないでしょうか。

 スペシャルチームはリターンチームが一番の勝因だったでしょうリターナーのハリスが最初のパントリターンでTDを獲得。もう少しで自陣1ydsからの攻撃になるところでしたがいい判断でリターンをした所TDに。これが非常に流れをこっちに持ってきました。その後も良いリターンが多くあまり攻撃地点が押し込まれることも少なかったです。Kカールソンは安定していました。Pタウンゼントは来シーズンはまた競争からスタートだと思います。カバーチームはそこそこと行ったところでしょうか。

 今日の試合はスペシャルチームが持ってきた流れをディフェンスが頑張って相手に渡さず攻撃がその流れに上手く乗れたので完勝できたのでしょう。来シーズンはこういう試合がもっと見られると嬉しいです。最終節はアウェーでのチーフス戦です。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です