2018NFL WEEK10 LAC@OAK

Pocket

 先週のThursday Nightは最後のバトルオブザベイは悲惨な結果に終わりました。相手の初先発QBにディフェンスはいいようにやられ、オフェンスはラインが崩壊していました。

 今節はホームでチャージャーズ戦でした。結果は20-6で完敗。一番の見所は最初のシリーズのフェイクパントでしょうか。それ以外ではダグ・マーティンはそれなりにやれていました。

 最初のシリーズでフェイクパントもありTD目前まで行きましたが取り切れずそこからはそれなりにヤードは稼ぎますがTDは取れない悪循環です。レッドゾーンオフェンスに大きな課題があるようです。課題のラインはましになっていますがまだまだですね。カーは長いパスの精度に課題があると思います。レシーバーで一番良かったのはクックかなと思います。

  ディフェンスは先週の壊滅的状態からかなり改善されていました。特に前半はかなり良かったと思います。パスラッシュはかるふーんやハーストがよかったかな。ギルクリストのインターセプトもお見事でした。リバースを223ydsに抑えられたのはよかったと思います。ランディフェンスはやはりいまいち。あとはミスタックルが目立つ印象。そこをもっと改善していきたいところです。

 スペシャルチームはKカールソンは2/2で悪くありませんでした。タウンゼントも今日はいい感じに飛ばせていました。逆にリターンチームはいまいちだった印象です。

 次節はアウェーでのアリゾナ戦です。2勝7敗と苦しんでいるチームですので勝ち目はあると思いますが、ドラフトのことを考えるとどっちもどっちかなと思います。若い選手が台頭してくれればそれでいいかなと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です