2017 大晦日

Pocket

今年もあと僅かとなりました。今年は一般的な人と同じく28日に半ば強引に仕事を収めてお休みに入れました。仕様書もないのに期限はそのままとか意味不明なのでいい加減にしてほしい所です。とりあえず今年は8日までの長いお休みなので、仕事のことは考えずダラダラしたいです。

さて冬休みに入った翌日29日に18きっぷで少し遠出してきました。今回は木更津から房総半島の真ん中に向けて走っている久留里線に乗ってその後、館山で安房神社にご参拝してきました。とりあえずは始発の横須賀線で東京に出てそこから総武本線で千葉へ、内房線で木更津に出ました。さて、この久留里線ですが基本的には途中の久留里駅止まりの電車が多く、終点の上総亀山まで行く列車は多くないので完乗を目指す方は注意です。久留里線は途中までは平地で周りは田畑と時々住宅街がある中を抜けていきます。基本的に久留里駅辺りまではそのような感じでした。久留里駅をすぎると山の中に突入。途中に枝の音がするなど完全な山の中でした。さてこの久留里線ですが完全な盲腸線で、基本的に終点まで行って木更津まで折り返すしかないので時間がかかります。

その後は内房線に揺られて館山へ。内房線の終点は安房鴨川ですが基本的には下りは館山止まりで安房鴨川に行くには館山で乗り継ぎが必要です。さて館山駅からは安房神社に向かいますがアクセスは良くないです。一時間に一本くらいのバスに乗って30分揺られて安房神社へ。山の中にある静かな雰囲気のある神社でした。安房神社は安房国一宮で、ご祭神は天太玉命で日本のすべての産業創始の神とされています。創始が皇紀元年と言われる古い神社です。お参りして御朱印をもらって少しのんびりすると帰りのバスの時間になったのでおとなしく駅に戻りました。

さて駅に戻ると安房国でもう一つ一宮とされている洲崎神社へ行こうと思いましたが、時間の関係上断念。内房線の残りを潰すためにもまた訪れることになるでしょう。内房線で折り返して浜金谷駅へ行き金谷港でからフェリーで久里浜に戻りましたが浜金谷から港までの所要時間が八分とされており駅についてから次のフェリーまで八分というギリギリの乗り継ぎをダッシュで頑張りました。ほんとにギリギリだったのでおすすめはしません。しかし、できることはできます。

久里浜からはおとなしく横須賀線で横浜へ。京急のほうが早いのですが18きっぷなのでやすさを選びました。横浜についたのがだいたい16:20くらいだったので桜木町の伊勢山皇大神宮へ一年の最後のお参りへ行きました。ご祭神は天照大御神です。開港以降、それまで寒村だった横浜に多くの人が来るようになり、また港の影響で外国人も多く訪れるようになりました。そのような中で明治の初年に創建された関東のお伊勢さんです。横浜総鎮守のお社なのでやはり一年の締めくくりにご挨拶すべきだと思ったので行ってきました。その後は横須賀線で唯一乗っていなかった横浜ー武蔵小杉間を潰して家に帰りました。

というわけで一年のお出かけは29日で締めて昨日今日は家でダラダラしています。今年は社会人になったことで色々変化に飛んだ一年でした。来年も平穏に暮らしていければ幸いです。

それでは、良いお年を。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です