理想郷

Pocket

自分の理想郷は自分の気分次第で行動でき、自由に暮らせる世界です。

できるだけ早くお金を貯めて、自由を手に入れたいですね。

閑話休題

英語のユートピアという言葉はトマス・モアの「ユートピア」の中の架空の国家がもとになっている。

モアのユートピアでは共産主義的な理想を形にしたものであった。

共産主義や社会主義の国は1900年代に幾つか存在したが、どれも成功とは言えない結果になっている。

人間の愚かさを再認識するとともに、どのような社会が望ましいのだろうか。

社会の問題は経済だけではない。

近年、特に大きな問題になっているのが人種の問題である。

様々な理想を求めて先進国に移住する人々と元々そこに住んでいる人々との軋轢が起きている。人々を外見や出身などをもとにしてカテゴライズして差別することはけっして許されるべきではないが、一方でそこにもともと住んでいる人々の暮らしは無視されるべきではない。

もう一つの社会問題としては男女間の格差である。

男女の生得的な差をどのように考えて平等を実現するのか。機会の平等だけでなく結果の平等も必要なのか様々なことを考える必要がある。

社会の理想は人それぞれであり、それぞれがそれを実現しようとする中で対立が生まれるのは必然だと思う。

個人的にはこれらの問題はどうでもいいと思っている。人類はこれらの問題を解決できるほどに優れていないと思う。個々人の利益を追い求めるので精一杯なのだ。というわけで私はお金がほしい。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です