日々の充電

Pocket

 近頃の暑さは日本だけではなく地球規模のようでヨーロッパや北米でも歴史的な暑さのようです。一方で同じ北半球でも冷夏に苦しんでいるところもあるようで地球環境の変化とはなんとも激しいものです。人が出す環境汚染部質のせいなのか長期的に見た上で誤差の範囲なのかどうなんでしょうか。
 地球の環境も心配ですが、日本の働く環境もなんとかならんものでしょうか。あくまで、私個人の話であってすべての人に共感してもらえる話ではないと思いますが週休2日でやっていくのがどう考えても難しいんですよね。個人的に休日にのプランは三通りあって、外にふらっと出かけるパターンが一つ。家でやりたいことを片付けるのが一つ。家で何もしない日が一つ。以上の三パターンです。人によっては2つめと3つめが同じじゃねぇかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが個人的には違います。ゲームにしても勉強にしても楽しいし、自分でやりたいと思えることですが間違いなくエネルギーは消費するわけです。すると、週に一日は全く何もしない日が欲しくなるのです。そういう日はとりあえず気ままに動いて、ラジオやテレビ、映画などをぼーっとみたり、音楽を聞いたりとにかく頭をあまり使わないことに努めます。そう考えるとどう考えても週休3日じゃないと回らないわけです。今までは家でやりたいことをやるのは平日の帰宅後にやっていましたが、残業が入ったりするとろくに動けないし、疲れて動けないときもあるしで大変です。
 そもそも、日本で週休2日を一番最初にやり始めたのが松下電工(パナソニック)だそうです。休養を十分に与えることで能率を上げてアメリカに追いつこうという魂胆だったそうです。その目論見は成功して今現在は世界的な企業に成長しています。しかし、近年では週休2日ですら非効率という研究結果も上がってきています。時代の進歩とともに働く時間は間違いなく減ってきました。それは、人間が編み出した発明によって作業が効率化されたからでしょう。ここ最近は情報通信技術の著しい発達により更に業務をスリム化できる土壌が育っていると思います。今こそ、週休3日に舵を切るべきときだと思います。
 とは言っても、しがないサラリーマンがここでグチグチ言ってても仕方がないので誰か影響力のある人たちがなんとかしてくれるのを期待しておきつつ、月一回の計画有給と残業を断る強い心をモットーに頑張っていこうと思います。当分は。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です